投稿者「nagoya-guitar-school.com」のアーカイブ

断ち切りたい怖がりの連鎖

私は、実は怖がりだ。
でも、普段はそれを隠して強がって生きてるし、生きてきた。

それは、母譲りみたい。

私はシングルマザーになったんだから、子供達が体調を崩したら仕事に行けなくなる。
誰かが子供の体調をみて、世話をしないといけないから。

よく、友達から聞く話が羨ましい。

「子供が熱を、出しちゃったから、今日は旦那が有給取って休んでみてる。」
旦那? 居ないし。

「おばあちゃに預けて仕事に来たの。」
私の母は体調の悪い子供は預かってくれないし。

母は、意地悪して預かってくれないんじゃない。
それは理解してるから良いんだけど、以前、熱がある子供を預かってくれないか打診したらこう答えられて絶句した。

「具合が悪い人様の子供の世話してて、万が一があったら取り返しが付かないから、怖くて預かれないよ。」

人様って…。かあさん、あなたの孫ですが。
どんだけ怖がりなんですか?

ハギシリ

第二話。

同級生の独身の男の子がツーシーターのクルマに乗ってるという話を聞いて、
その直後に近所で実際に乗ってる姿を見かけた。

いいなぁ、カッコイイなぁ。

私には、子供達が居るからツーシーターは無理だけど、頑張って働いてお金が貯まったら、
カッコイイ車を買いたいな。
あ、いや、ツーシーターは、セカンドカーとして持てば良いのか。

仕事中に、つかの間の妄想ふけり、現実に戻ってテンションマックスになったその時に携帯が鳴った。
保育園からだった。

「息子さん、保育園から脱走しようとされて、
園庭のフェンスの隙間から体は外に出て、頭がフェンスの隙間に挟まってケガされてしまいました。」

はぁ!?
確かに息子は生まれた時から頭、大きかったけど、まだ1歳なのに、脱走だと??

ケガよりも、私に似すぎて、向こう見ずでやんちゃな息子にあきれた。

でも、せっかくやる気になったのに、また、早退して病院に行かないといけなくなった。
クルマの夢は、遠い。

前を向いて一緒に歩いて行きたい

 

最近、離婚をして、シングルマザーになりました。
婚姻期間は、たったの2年間。
子供は1歳半になった頃です。

幸い、頼れる実家があるので、お世話になっていますが、もし私たち2人だけだったらと思うと、とても不安になります。

母子家庭になったとは言え、私の父と母、子供との4人の生活。
旦那と3人の時より、1人人数も増え、にぎやかになったような気がします。
人間だけでなく、猫もいますし、近所には、駆け回っている子供たちの声も聞こえ、都内と比べ、のびやかに子育てができる環境です。

しかし、心の中には、常に不安と格闘している自分がいるのも分かっています。
妊娠をきっかけに、完全に無職になってしまった私。
両親も高齢で、長く頼れるとは思えません。
養育費ももらえず、わずかばかりの手当てでしのぐ日々。
今後のことを考えると、不安が途切れることがありません。

思えば、離婚しようと決意した当時は、今ほど深刻に考えていませんでした。
我ながら恥ずかしい話なのですが、結婚も妊娠も離婚も、周囲の人々と比べると、少し軽く考えすぎていたのかもしれません。

人生の重要なイベントである結婚や妊娠出産を、深い考えもなしにスピーディーに進めてしまった私は、ことの重大さを、今頃になって、ひしひしと感じています。
もう少し焦らず、ゆっくりと相手を選べば……。と、正直考えることもあります。
しかし、その考えがよぎるたびにまた思うことがあります。それは、

あの出会いがあったから、この子に出会えたのだと。

強がりでもなんでもありません。
心から、本心から思うことです。これから辛いこともあるかもしれません。
でも、後ろを振り返っても何も返っては来ません。
過去の出会いを悔いる必要はない。
この子の命をくれた運命に感謝しつつ、前を向いて一生懸命に生きていこうと考えています。

いちご鼻

初めての結婚相手との離婚までの経緯

通信制高校

私は、今現在は夫も子供もおり、安定した生活を送ることができています。しかし、今の夫と結婚する前に離婚の経験があります。

私と昔の夫の出会いは、クラブでのナンパでした。そういう出会いの人と真剣にお付き合いをすることなど、絶対にないだろうと思っていました。

でも、私は彼といるととても楽しくて幸せでした。ただ、彼は私のことを彼女とは認めず、真剣に向き合ってはくれませんでした。私もその頃はまだ若かったですし、それでも良いと思うことにしていました。

そんな時、彼の子供を妊娠していることが分かりました。彼に伝えると困惑していましたが、喜んでくれました。

順番は間違ってしまいましたが、彼はこれを機に結婚しようと言ってくれたのです。親の反対はありましたが、結婚の運びとなりました。子供のこともあったので、早めに入籍を済ませました。

結婚式は子供を産んで落ち着いてからという話をしていたのですが、その時彼の浮気が発覚したのです。

安定期に入る前で、気持ちも不安定な中、そんなことがあって多大なストレスを感じました。挙句の果てに、流産してしまったのです。

子供がいなくなって、浮気もされて私はボロボロな状態でした。もう彼と一緒にいる意味はないと思い、スピード離婚をすることになってしまいました。

周りの人に結婚や妊娠の報告をしたばかりだったのに、今度は離婚と流産のことを説明しなければならず、精神的にも限界を感じていました。

離婚した時は、どうしてこんなことになってしまったのだろうと、虚無感に襲われました。そして、何の罪もない赤ちゃんのことを考えると、辛くて仕方がなかったです。夢にも何度も出てきました。

でも、彼ともし一緒にいたとしても、幸せにはなれなかったと思います。そう思うのには、何年もかかりました。

小さいころから夢だったの新築を購入

私は昔はマンションに住んでいたため、新築の大きい一軒家にはとても憧れがありました。小さいころから夢だったの新築を購入 私は昔はマンションに住んでいたため、新築の大きい一軒家にはとても憧れがありました。

虫歯と歯磨き粉

つい先日、結婚をしたのですが、1年くらい前から家の事で話し合っていました。最初は賃貸で我慢してお金を貯めてから新築を買おうかと話していたのですが、条件に合ったのがなく、値段もローンをくむのと変わらない値段で正直もう新築がいいと心の中で思ってしまっていました。

お互い実家暮らしで家具・家電は一からそろえないといけなかったので、どうせ揃えるならもう引っ越して買い替える必要もない新築にしようとなりました。そのときの金利が最低であった為、毎月のローンも払える金額でした。

家はずいぶん前から探しており、主人が不動産の仕事をしていた為、仕事の合間に色々と調べてくれていました。

主人の実家付近で家を探していたのですが、そこは土地が高く今の私たちの給料では厳しかった為、その地域のすぐ横の地域で家を探すことにきめました。

ある時、パソコンで家を検索していると新しく建ち始めた集合住宅があり、現在募集中と出ていたため、すぐに下見にいきました。主人の両親と一緒に家の購入についての説明を聞いたりしました。

もともとこの家を購入する予定ではいたのですが、お義父さんと主人が値下げの交渉を何度もやってくれたおかげで最終的にはかなり値段が下がりました。

不動産会社にもよるとは思いますが、購入が決まってからの対応はとてもいい加減に感じました。大事なローンの手続きをするときに肝心の資料を全部もってきていなかったり、送ってくれといった資料をいつまでたっても送られず、再度確認したわすれていたり。ほかにもたくさんの手続く忘れが目立ちました。

○○さんも不動産だからわかってらっしゃっていて助かります。とばかり言っていて不安だったので、結局私たちが自分たちで先に調べて資料を催促するばかりでした。

会社にもよりますが家を購入する際、あまり任せきりにできないなと感じました。ある程度自分たちでも調べていくのは大事です。

自慢の娘のハワイでの親孝行

就職して、娘が上京しました。娘が小学生になった頃からずっと2人で暮らしてきたので、娘が飛行機に乗る時には号泣でした。でも、娘は航空会社に勤めているので無料チケットがあり、しょっちゅう帰ってきてくれて、また私もそのチケットを使ってしょっちゅう東京に遊びに行くようになりました。

そういうこともあり、淋しさはあまり感じないようになりました。むしろ、次に東京に行くときはここに行こう、次に娘が帰ってくる時にはこれを食べさせてあげようと考えるのが楽しくなりました。

私も仕事をしているので、自分の生活はやっていけるのですが、娘がフライト先で美味しかったものなどを送ってくれたり、少しずつ親孝行をしてくれるのでありがたく思っています。

ある時、娘から1週間休みをとるように言われ、何も教えてくれないまま東京に行きました。すると、前に帰ってきた時にこっそりパスポートを持ってきてくれていたようで、なんとハワイ旅行に連れて行ってくれたのです。

嬉しさと驚きで私は涙が溢れました。洋服も新しいものを何着か買っておいてくれて、そのままハワイにいけるように用意をしておいてくれたのです。これには本当にびっくりで、娘の一生懸命な親孝行に感謝しても仕切れないような気持ちになりました。

5日間のハワイ旅行を楽しみ、娘と久しぶりにのんびりしました。エステやフラダンスショーも予約をしていてくれて、おしゃれなバーでお酒も飲みました。迷惑ばかりかけたのに、本当によくここまで成長してくれて、自慢の娘だと心から思いました。