子供」カテゴリーアーカイブ

断ち切りたい怖がりの連鎖

私は、実は怖がりだ。
でも、普段はそれを隠して強がって生きてるし、生きてきた。

それは、母譲りみたい。

私はシングルマザーになったんだから、子供達が体調を崩したら仕事に行けなくなる。
誰かが子供の体調をみて、世話をしないといけないから。

よく、友達から聞く話が羨ましい。

「子供が熱を、出しちゃったから、今日は旦那が有給取って休んでみてる。」
旦那? 居ないし。

「おばあちゃに預けて仕事に来たの。」
私の母は体調の悪い子供は預かってくれないし。

母は、意地悪して預かってくれないんじゃない。
それは理解してるから良いんだけど、以前、熱がある子供を預かってくれないか打診したらこう答えられて絶句した。

「具合が悪い人様の子供の世話してて、万が一があったら取り返しが付かないから、怖くて預かれないよ。」

人様って…。かあさん、あなたの孫ですが。
どんだけ怖がりなんですか?

ハギシリ

第二話。

同級生の独身の男の子がツーシーターのクルマに乗ってるという話を聞いて、
その直後に近所で実際に乗ってる姿を見かけた。

いいなぁ、カッコイイなぁ。

私には、子供達が居るからツーシーターは無理だけど、頑張って働いてお金が貯まったら、
カッコイイ車を買いたいな。
あ、いや、ツーシーターは、セカンドカーとして持てば良いのか。

仕事中に、つかの間の妄想ふけり、現実に戻ってテンションマックスになったその時に携帯が鳴った。
保育園からだった。

「息子さん、保育園から脱走しようとされて、
園庭のフェンスの隙間から体は外に出て、頭がフェンスの隙間に挟まってケガされてしまいました。」

はぁ!?
確かに息子は生まれた時から頭、大きかったけど、まだ1歳なのに、脱走だと??

ケガよりも、私に似すぎて、向こう見ずでやんちゃな息子にあきれた。

でも、せっかくやる気になったのに、また、早退して病院に行かないといけなくなった。
クルマの夢は、遠い。

自慢の娘のハワイでの親孝行

就職して、娘が上京しました。娘が小学生になった頃からずっと2人で暮らしてきたので、娘が飛行機に乗る時には号泣でした。でも、娘は航空会社に勤めているので無料チケットがあり、しょっちゅう帰ってきてくれて、また私もそのチケットを使ってしょっちゅう東京に遊びに行くようになりました。

そういうこともあり、淋しさはあまり感じないようになりました。むしろ、次に東京に行くときはここに行こう、次に娘が帰ってくる時にはこれを食べさせてあげようと考えるのが楽しくなりました。

私も仕事をしているので、自分の生活はやっていけるのですが、娘がフライト先で美味しかったものなどを送ってくれたり、少しずつ親孝行をしてくれるのでありがたく思っています。

ある時、娘から1週間休みをとるように言われ、何も教えてくれないまま東京に行きました。すると、前に帰ってきた時にこっそりパスポートを持ってきてくれていたようで、なんとハワイ旅行に連れて行ってくれたのです。

嬉しさと驚きで私は涙が溢れました。洋服も新しいものを何着か買っておいてくれて、そのままハワイにいけるように用意をしておいてくれたのです。これには本当にびっくりで、娘の一生懸命な親孝行に感謝しても仕切れないような気持ちになりました。

5日間のハワイ旅行を楽しみ、娘と久しぶりにのんびりしました。エステやフラダンスショーも予約をしていてくれて、おしゃれなバーでお酒も飲みました。迷惑ばかりかけたのに、本当によくここまで成長してくれて、自慢の娘だと心から思いました。